michiko SO-KO

amusingly.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:尾道( 8 )

小野 道子さん

尾道旅歴10年の道子さん(この名前の由来も尾道からです。) 最近また尾道を訪れたい気分です。涼しくなって お寺巡りも気持ちよさそうだし 海岸でお気に入りのパン屋さんでパンを買って 食べるのもいいし 穴子飯を食べるのもいいし ラーメンもいいし 高見山からの眺めを楽しむのもいいし B&B潮風に宿泊するのはもっといいし♪  
ちとしんどいとき お酒好きな方なら のんで気分を晴らして って方法もあると思います。買い物してすっきりされるかたもいると思います。道子さん お酒のめませんし お買い物にはしるほどの収入もなく。。。けどあたしにゃ 尾道があるのです。そこに行くとストレスがすべてなくなります。頭の中が 楽しい♪って気持ちでいっぱいになります。旅行気分で 気分転換をはかるというのではなく 尾道だからこそ 自分を解き放つことができるとでも言いましょうか。わたしの人生において なくてはならない ものです。何度助けてもらったことか。

10年ほど前の 尾道と今では大分変化が見られます。駅前は あんなにコンクリだらけではなかったです。雁木や 古く趣のある食堂がありました。昔ながらの洋食やさんもありました。(もぐら亭?ちゃうかな?) 今はかなり洗練されたイメージです。変わったのは駅前だけでなく 山側の桜の木が切られたり しているらしいです。せめて山側だけは 昔のままにしてほしいな。



秋の香りのする尾道  今年も行きたいものです。


みなさんも お気に入りの場所ってあるのかしら?
[PR]
by amuse-oneself | 2007-09-29 22:44 | 尾道

尾道ラーメン

尾道の旅も回数を重ねるにつれ お土産も家族が喜ぶものが分かってきました。

どうやら尾道ラーメンは喜ばれます。

d0076221_22274514.jpg麺は細め。湯で時間も1分から1分半。これを守らないと 折角のおいしい麺が台無し。豚脂が浮いているのが特徴です。これは油っぽくなくて 食べれます。尾道ではゆで卵は普段のってません。餃子も一緒に頼む人はあまり見かけません。ラーメン(中華そば)をメインに楽しみます。




       

        


               それでは 先日載せなかった写真をupします♪


        
d0076221_23302520.jpg
今回は行かなかったけど千光寺です。 尾道の桜の名所です。ロープウェイでもあがれます。



d0076221_2331285.jpg
 絵葉書のような景色でしょ?ちょっと坂を登ったら眼下にこんな素敵な風景が広がります。




d0076221_2332233.jpg
浄土寺。尾道観光の東の端(らへんだと思う)のお寺。ここでも桜が見事に咲いていました。
d0076221_2333138.jpg
桜と海と島が一度に見れるなんて ここは本当に贅沢な場所です。秋には秋の風情があっていいンですよ。




d0076221_23375085.jpg





ここの方言ってやわらかい。ねらって書いたのではなさげのところがいいですね。
自転車置いてなかったですよ。
   


はぁ 行って来たばかりなのに またすぐ行きたい♪ 戻ってくる場所があるから そう思えるンでしょうね。
[PR]
by amuse-oneself | 2007-04-13 22:32 | 尾道

行って来ました。つづき。

フレンドの話からですね。

氷川きよしサンや 東 ちづるサンと安住サンが訪れたという 有名なラーメンのお店です。

この店のうりは 宇宙一おいしいラーメン というところです。

d0076221_1918950.jpg そしてご丁寧に ご当地によくある看板が。。。コレデアナタモウチュウジン  この店は14時までしかやっていません。(たしか12時から) 夜の部もなく 売り切れると閉まるので 14時までやってる日も少なかったり。 この日は13時前に着きましたが 「あと何食あるかな?」といった状況でした。ラーメン小盛 並 大 チャーシュー麺 ライス があり 道子は並(400円)を注文。結構早く出てきて 食べようと意気込むと えっほん えっほん と激しくむせ込む。それを見た 店主のおばさんは「大丈夫かぁ? 味薄かったら言ってね スープの色みたら薄そうやわ。濃くできるから。」とおっしゃいました。この店の特徴が 「味が薄かったら言ってね」という一言なのです。他の尾道ラーメンよりも薄いといえば薄いような気がしてきた けど 薄いと言う度胸はなく。。。途中からコショウを振り入れ 味に変化をつけ完食☆  
観光客と思われる(自分もそうだが常に悟られないようにしている)3人組が店主に
「この前東サンと安住サン来たんでしょ?おいしいおいしいって食べてたね。」
と言うと
店主は「あれは演技よ。おいしくないもん このラーメン」
観光客「前に氷川きよしサンも このラーメンはおいしいってここで言ってたでしょ。」
店主「みんな演技がうまいからね このラーメンはおいしくないのに。」
観光客「おいしいですよ。」

道子 引きつり笑いつつ 店主を見る。
「醤油が不服なの使いよるから。」(おいしくないんよ という意)
そういうことなのね。 しかし こう何度も自分とこのラーメンをおいしくないと言われるのはどうだろうか??確かこの店のキャッチコピーは『宇宙一おいしい』だったような。
それもこれもが許されるのが尾道なのでしょう。

お腹がいっぱいになった道子は店を出て 浄土寺へ。ここでも桜が見事に咲いていました。しばし休憩。siokazebb様に連絡をとり 後ほど会う約束をし 再び歩き始める。商店街で食器のお店を中心に見て歩く。桜があまりにも印象的だったので 桜の模様の入った箸を購入。
お腹が落ち着いてきたところで 商店街内にある ととあん へ。
今まで 『商店街の中だし~景色も見えないし~~』と敬遠していた甘味処です。
中に入ると 思った以上に落ち着いた雰囲気でした。
 d0076221_21485517.jpg注文したみみだんご&抹茶オーレがのけぞるほど美味☆ だんごは薄くて 長くて けど 油を敷いて焼いているのか ボリュームもあり 餡とみたらしとのバランスが最高☆☆ 2本ともパクパクと食べ 抹茶オーレを飲むと・・本物の抹茶(京都の一保堂さんの蓬莱を使用)でたててありました。砂糖は入っておらず 入れたいひとは各自の好みで。期待なんかしていなかった抹茶オーレですが 次回はこれ目当てで入ってもいい☆ 絶対にこれをおいしくない という人はいない!お店の方に何度も
「本当においしいです♪」
と伝えたくて 店員さんと 目が合うものの 勇気が出ず。 そのうち見続ける道子を恐がって 店員さん2階へ上がってしまう。道子が会計の時には降りてきてくれました。そこで
「おいしかったです」と深々と頭を下げ お店をあとにしました。お世辞ではなく本当にのけぞるおいしさ ととあん。

ととあんで心もお腹も大満足になった道子は 昇福亭のはっさく大福もからさわのアイスモナカもあっさりと諦め 駅前でぶらぶらしました。
そしてsiokazebb様から「渡っておいで♪」とメールが入り。。。→※渡船に乗りなさいという意
向島へ。 siokazebb様のおうち方面へ歩いていくと 「siokazebbさんだ↑↑↑」と手を振る。1年ぶりの再会をゆっくり味わう時間が私たちには残っておらず。。。おうちの中を見せていただきました。 「ここがダイニングで~・・・ この部屋がね~3人部屋になるの♪」と想像が沸きたてられました。今はまだsiokazebbさんのお宅訪問といった感じでしたが ベッドなどが入ると 即開始できると思いました。お母様の接客も素敵です。上品で siokazebbさんと一緒に家中を案内してくださいました。感激です。自宅をB&Bに ってやはり決心のいることです。どこよりもくつろげる場所なのに そこに毎日人を招きいれるなんて 並みの人間じゃできません。尊敬ですよsiokazebbさん。そして道子がストレスがたまったことを知ってるsiokazebbさんは「ストレスだってたまるわよ。」と言ってくださいました。その一言で『わたしだけじゃないんだ~辛いのは』と思い うるっ ときました。 誰もが多少 ↓↓な気分になっていても それなりに生きてるんだな と。 どうせわたしなんて。。。と落ち込んでいたので 救いになりました。
siokazebbさんは退院後間もないのに 船まで一緒に走ってくれました。申し訳ありません。
船の中で一日の行動を伝え ととあんがあまりにおいしかった と伝えたところでなぜか拍手をされました。覚えていますか?なぜでしょう??
駅まで送っていただき 次回は宿泊をお願いし 別れました。

福山で電車からバスの乗り換え時間はわずか5分。バスの切符もまだ買っていないし ホームからは道子の苦手な下りの階段だってあるし(足が交互にスムーズにでないんです) 間に合うかしら(汗)
電車を降りたときのことは もう覚えていません。とにかくダッシュし バス乗り場で切符を買い なんとかセーフ。運転士さんに「予約してませんがいいですか?」 と聞くと
「ひとりだけですよ予約の人は。 乗りましょう 行きましょう」と優しく 歌うように言ってくれました。 癒されました☆ 乗る人が多いときは「飛び込みですか!?」と名簿の人数を見ながら言われることがあるので 今回もかなり恐縮気味でしたが  本当に気持ちのいい運転士さんでした。
神戸に着き 福山から乗せてくださった運転士さんとお別れしました。また福山に帰るのね~どうか事故が起こりませんように と願いました。



歩いていると 去年の夏に飲み会をして一度2人であった人とすれ違いました。明らかに道子より背の低い男。この人もまだひとりっぽい・・・そんなにおいが奴からしてきました。

いつもの生活を忘れて楽しんだのですが 
友達から「帰ってきた~?おかえり♪」とメールがくると
「ただいま~~帰って来たよ♪♪」なんて返してるんです。
つまりストレスはある程度軽減したようです。ただまだかなり心が不安定なので 何事にも勢いがないのがわかります。変にハイになったり。道子の甲状腺の病気はうつ病になりやすいと聞いたことがあるので 今後も自分の心とうまくやっていきたいと思いました。




d0076221_21513547.jpgsiokazebbさん くじら羊羹だとお聞きしたのですが 開けてみると最中でした(笑)
道子家族も おいしい と食べていました。餡子だいすき道子一家です。  
[PR]
by amuse-oneself | 2007-04-11 20:07 | 尾道

行ってきました。

現実から逃げるように。。。西へ西へと進んで行きました。目指すは おのみち


行きは新幹線しかも『サイレンスカー』なるものに乗ってしまいました。

席を予約する際 座っている窓口の人なのに見下ろされたような目つきで
「サイレンスカーって乗ったことありますか?」と聞かれました。
「ないです。」と伝えると 
「緊急時を除く放送は入らないので 乗り過ごさないように!」
と言われました。
~な~んだ もっと厄介な乗り方があるのかと思いきや それなら道子にだってできそう。~

車内はとっても快適で売り子さんも静かに歩いている。しゃべってるお客もおらず 快適そのもの。そこで道子はアンソワール様にお借りした文庫本をバッグから取り出し 読み出す。
すると サイレンスカーで噴出しそうになる。(気を緩めてはならないと自分に言い聞かせる)

途中で睡魔に襲われ しばし傾眠zzzz  気づくと 岡山! 『次降りなきゃ!!』
サイレンスカーにしてやられるところであった。(再度気を引き締める)

新幹線は福山まで道子を運んでくれました。おおきに☆
そして乗り換えに時間があったので 改札を出て 福山城&桜を撮りました。
d0076221_23374424.jpg
なんともかなり下から見上げた構図です。写真をみるだけで 首が痛くなるのは
わたしだけでしょうか?





そしてついに 到着♪

d0076221_23432917.jpgまずは~~~小腹が空いたのでsiokazebb様ご推薦のサンモルテのパンを買いに。夕方にはほとんど売り切れ状態で人気の店です。今日は朝10時前に行ったので 種類が豊富でした。道子は海老かつドッグ(レジの前に並んでいたおばさんが注文していたので 真似た)とシナモンロール(レーズン入り)を買い 海沿いに座っていただきました。おいし~。幸せ♪



次に『お昼までにお腹を空かさなければ』 と歩くことに。
またまたsiokazebb様ご推薦のlife styleに。白山陶器さんの食器がたくさん並べてありました。新生活を始めたい気分になりました。(要するに結婚のときの 新しい食器を買う作業を思い出したわけです それだけです)



まだまだ歩け~~~と お寺巡りを開始。


猫が似合う町です。カメラを見てポーズをとってます。美しい座り姿ですよ 猫さん。
d0076221_21561616.jpg



d0076221_21584928.jpg細い道が続きます。手すりのない こんな道も! 通りすぎようとしましたが 気になり 行ってみると。。。お家へ続いていました。



↓柵にさしてジュースのパックを乾かしています。
  絵になるでしょ。


d0076221_21594953.jpg











d0076221_2251571.jpg映画のセットみたい☆ 





















道子が一番気に入ったお寺 宝土寺です。

d0076221_05596.jpg





d0076221_21225481.jpg







d0076221_2124626.jpg








d0076221_21231320.jpg








d0076221_2125171.jpg






d0076221_2126512.jpg




この木の下にいると すっごく落ち着きます。いくらでもその場所にいれそうだし 力をくれます。どんどん体が軽くなり(気持ちがかな?)本当にパワーがみなぎってきました。

すると 見るからに写真好きのおじさんがやってきました。
「そこに座って 向こうを眺めてくれませんか」

断る理由など ありません。(内心後ろ姿かよ とつっこみました)

春の風をうけ 髪がなびいた この感じがいいのかしら??などとひとり考えていると 撮影は終わりました。おじさ~~ん 今の写真 どこかに応募してね♪





そして尾道での恒例行事!?
地元のスーパーを覗く☆ それも地元の方っぽく。しゃべってはいけません。ばれてしまいます。尾道の方の会話を聞き 優しい話し方だな♪と和むんです。レジで道子は2番目に並んでいましたが 会計をしてもらっているおばさんが 家に配達してもらうとかで レジのお姉さんと 卵はいくついるのか??豚肉だけ持って帰りたい とかやり取りしていました。しばらくしておばさんは 「すみませんね。」と私たちに向かって謝りましたが 道子の前のおじさんも「気にせんでいいよ」と言った具合でした。道子もできる限りの笑顔で気持ちを表しました。尾道にいると気持ちがゆったりします。許す という気持ちが芽生えます。人間許すことができたならば 恐いもんなしなのです。ストレスだってないと思うし 最近許せないという状況に置かれることが続き カチカチに怒りくるったり自 その反面自信をなくしたりしていました。元の気持ちを少し取り戻すことができた時間でした。




宇宙一おいしいラーメン フレンドサンに行ってきました。



この続きは また明日にしますね。 
[PR]
by amuse-oneself | 2007-04-10 23:37 | 尾道

尾道の 目標へむかって歩きはじめた 素敵なあなた様へ


こんばんは☆
そうですか しばらくブログお休みですか。突然のことで驚きました。
w-さんのことは何もしらないわたくしでも なぜか楽しめたのですが
今日の 尾道 みたいな写真ものせていただいていたので 見れない
のはとても残念です。

が 新たな出発ですもんね。私は全力で応援させていただきます。(勝手ながら)
何か調べ物があれば 遠慮なくおっしゃってくださいね。なんでもしますよ。

また尾道に遊びにいきます。ムッシュゆういちのパンも食べたくてしょうがない
ですしね。いつか自分で運転したいな とも思います。自転車にも乗りたい。
ほとんど徒歩ですからね。いろんな楽しみ方をしたいです。また案内よろしく
お願いいたします。

それでは また♪

お体に気をつけて すすめてくださいね。
[PR]
by amuse-oneself | 2006-11-03 00:50 | 尾道

いらっしゃいませ(勝手に訪れてくださると思って)

kaze-tatiさんへ

尾道旅行編 見ていただけましたでしょうか??
おもいっきり楽しんできました。因島まで行きましたし♪
気になっていたパンも食べました。今でもあそこに敵う
パンやはありません。
高見山も行きたかったのですが 時間がなくて
いけませんでした。次回 また訪れた際には
連れて行ってくださ~い。お願いします。
鞆の浦計画もあったのですが また次回です。

他の日々の日記は 職場のことや妄想(作り話し)が多く
よく分からないと思います。スルーしてください。

毎日ブログ拝見させていただいてますよ。私は尾道を感じるだけで
幸せなんです。HNも『おの みちこ』ですからね!
身を固めたいと思ったときには 尾道にも出向き 素敵な彼探し
をしようと思っています。(そのときは ご協力ください。)

お仕事お忙しそうですね。朝夕肌寒くなってきているので
体調崩さないよう 気をつけてくださいね。
またブログより尾道の風を届けてくださ~い☆
[PR]
by amuse-oneself | 2006-10-08 16:18 | 尾道

☆休日満喫☆の巻 その2

昨日に引き続き 旅行話を・・。


朝は5じ30ふん起きでした!なぜなら 電車に乗ってとなりの駅まで
朝食のパンを買いに行くためです。東京で行われた 全国のおいしいパンを
集めた催し物にも出店した 有名な店が尾道にはあります。店主さんは30代。
HPで見ていったので 実際に店に出てこられて 目が合ったときにはドキドキ★
素敵な方でした。あっ写真一緒にとってもらうの忘れた↓↓この旅唯一の後悔。
結婚してるのかな??

d0076221_17403080.jpg
話を戻して。。店は6じから開いていて 私たちは7じ過ぎについたのですが もうたくさんのパンが並んでいました。友達と私の迷うこと迷うこと。。どれもこれも捨てがたい。と ようやく私が選んだのが このパン達です。一番前にあるのが 揚げパンにキャベツ(コールスローみたいな)をはさんだものです。初めてみました食べました。これおいしいんですけど↑↑↑ 一気に私のテンションは上がりました。パンは揚げてあるので 全然べたついていなくて いい感じです。これは他のパンにも期待できそう!!いちじく酵母を使っている あんぱん。生地の自然は弾力が初体験!そのへんで売ってるパンって 無理やり膨らましてあるのが わかりました。お次ははクロワッサン パリっとふわっと最高です。後はくるみパンにクリームをはさんだもの。お砂糖がわざとシャリってしてて くるみと合ってました~。友達と興奮しつつ 勢いよく食べました。

今日も朝から 胃が喜ぶこと♪♪「道子ぉ もっと食べてぇ」と胃の声が聞こえてきました。
言い忘れましたが 私 臓器と会話ができます。



ホテルを出て 私たちが向かったのは これまた有名は尾道ラーメンの店です。
尾道の旅番組にはたいていでてきます。昼になるとものすごい行列になるので
私たちは11じ30ふんくらいに行きました。この店に行く人は9割が『中華そば』を注文します。もちろん 私たちも!d0076221_186113.jpg
ダシは小魚 鶏がら など 具はメンマ・チャーシュー・葱 そして最も特徴的な豚の背アブラ。コラーゲンたっぷり♪友達はスープまで飲みほし 子どもが残したものまで 食べてました。(さっきパン食べたところなのに) 背アブラたくさんなのに 全然あぶらっぽくないんですよ。塩は薄めで 麺は細めでつるりとしています。ラーメンはあまり好きではないのですが 尾道ラーメンはなぜか好きです。
この店の面白いところは 店の中は 従業員(ってかパートのおばちゃん)が何より強いところ。
ボーっとしていたら 注意されます。「早く 席ついて」  通路だって中華そばを運ぶおばちゃんが優先です。客は道を譲ります。それでもまた行きたいな って思います。


それから ロープウェー(5ふんくらい)に乗って 千光寺の頂上へ向かいました。尾道は傾斜がきついので ロープウェーで登らなくても ちょっと階段を登るだけで すぐに眺望はよくなるのですが やはり千光寺展望台からの眺めは格別です。
d0076221_18204495.jpg

天気が良かったので 遠くまできれにに見えました。海には浄化作用があるといわれています。私も海を眺めていると 頭のてっぺんから 足の先まで浄化されていくのがわかりました。次第に 私の足元には 真っ黒いスライムのようなベトベトドロドロした液体が流れ出てきました。どうやら これが今まで 私にとりついていたアクだったようです。これで誰にも(特に年下男に)好かれるプリティ道子に生まれ変わりました。祝!新 道子誕生!

d0076221_1836824.jpg麓まで歩き 海岸沿いの アイスモナカで有名な店に行きました。歩いて喉が渇いていた私たちは アイスモナカを食べる気にならず 『クリームぜんざい』を注文♪ぜんざいは 豆の味がしっかりしていて すっきりした甘さ。そこに特製アイスクリームがのっかって おいしさ2倍★ アイスクリームもしつこくなく ダブルにしてもよかったかも!!生き返った~~~!!!



尾道を去るときには とっても切なかったです。普通 旅行は やれやれ と思いながら帰路につくのですが 尾道を出るときはいつも寂しくなります。友達もそう言ってました。

欲張って福山に立ち寄り お土産を見たりして 帰ってきました。

本当に 本当に 充実した 楽しい2日間でした。その間しんどき勤務になってしまって すみませんでした。冷蔵庫の上に おまんじゅうがおいてあるので お早めに召し上がってくださいね。
[PR]
by amuse-oneself | 2006-07-30 18:44 | 尾道

☆休日満喫☆の巻 その1

私 このblogのタイトルを変えました。最後に『他』とつけました。なので今回は 仕事ではなく 連休の馬鹿騒ぎについて 綴りたいと思います。
私の大好きな 尾道へと 5人で旅行をしましたo(^o^)o 私 かなりイケてるガイド役だと自負していましたが 蓋を開けてびっくりがっくり_| ̄|〇 道案内が出来ません(>_<) なぜなら 毎回 てくてく 歩くので 車の道は 知らなかったのです(ToT) 何度か 迷いました(ΘoΘ;) ぎょめんなさい。。。頼りなくて。。。

d0076221_17104535.jpgお昼ご飯は 和食屋さんに。カウンターに5人並びました。 穴子飯 シャコ飯 刺身定食 コイワシ天ぷらを注文しました。コイワシは今が旬らしく 骨まで柔らかく ふわふわほふほふ いただきました。穴子飯もシャコ飯も 関西では食べられない絶品(o^-')b 写真はシャコ飯!見た目はこわいけど とってもおいしかったんですよ。



私たちは おなかを満たし 因島へと渡り 海水浴をしました。島の高校生男女(17歳)が飛びこみしてました!! d0076221_1716281.jpg
「ぶち 痛い」
「ワシ待っとっちゃるけ」
「なんしょうるかあ」
と島の方言で話しており 素朴でいいなあ(^-^) と思いました。誰と誰が付き合っているのだろう??と私はゆがんだ目で男女を見ていました。。が、聞くとその仲間は 幼馴染みのようで 知らないうちに いやらしい考え方をする自分の心にあきれてしまいました。私はいつから こんな大人になってしまったんだろう??切ない。。高校生は『レガッタ』みたいな 船を太鼓をたたきながら 漕ぐ祭(おそらく因島水軍祭)の練習をしにきたそうです。アドレス聞きたかった~~。今度関西に遊びにおいで♪お姉さんがまとめて面倒みて あ・げ・る☆


d0076221_17251644.jpgそれから 市街地に戻り 夕ご飯を食べました。海沿いの 眺めの良いお店に入りました。『刺身天ぷら定食』『かんぱちのカマ』『刺身盛り合わせ』『わかめうどん』『タコの天ぷら』を注文☆ わかめは 厚く しこしこ感がありました。タコは抹茶塩をつけて いただきました。あんなにタコが柔らかいとは 知らなかった\(◎o◎)/ 刺身は臭みが全くなく 今まで食べていた刺身をこれから食べれるのか?って感じです。この刺身ならアンソワールも食べられるはず!!
写真は私の注文した 刺身天ぷら定食(1,500円)です。またまたおいしい食事を堪能し 花火をして 子どもと一緒にお風呂に入り 朝までぐっすりgood sleep。

今日一日胃が喜んでいました。次から次へと 美味な物を食べたから。明日も胃を喜ばせたいので たくさん おいしいもの いただきま~すo(^o^)o
[PR]
by amuse-oneself | 2006-07-28 00:33 | 尾道